ダスティング攻撃を防ぐ方法をChangellyが説明します

ビットコイン ダスティング攻撃を防ぐ方法

ここ数ヶ月でダスティング攻撃と呼ばれる攻撃に関する事件の件数が劇的に増えました。ダスティング攻撃とはなにか、今後どのように防げるのかChangellyと一緒に考えてみましょう。

ダスティング攻撃とは、悪意のある行為の一種で、ビットコインや他の仮想通貨の保有者の機密情報を得ることを目的として、攻撃者が個人のウォレットに極少額のコインを送ります。BTCの最も小さい単位は 1 Satoshiまたは0.00000001 BTCです。200 Satoshiまでのトランザクションはダスト(塵)とみなされます。

匿名性はどのように破られるのか

当初、分散化されたビットコインのネットワークはユーザーに対して完全な匿名性を保証するものだと信じられていました。しかしながら、時間が経つにつれてこれは完全に正しくはないことが明らかになりました。

ブロックチェーン技術の特徴のひとつとして、ネットワーク上で起こったすべてのトランザクションはブロックチェーン上に記録されます。トランザクションの履歴は公開されていて、ブロクチェーンエクスプローラーと呼ばれるサービスで見ることができます。これは実際に、インターネット上のすべてのユーザー(トランザクションを実行したことがない人でさえも)が、仮想通貨の送信者と受信者の公開アドレスだけでなく、いかなるトランザクションのハッシュも見られることを意味します。ハッシュも公開アドレスもユーザーの個人情報を含むものではありません。一見、すべてに透明性があり無害なようです。しかしながら、時間が経つにつれて、攻撃者はこの公開データを彼らの利己的な目的のために使うことを学びました。どのように攻撃が行われるのか見てみましょう:

·       攻撃者は被害者に「ダスト」を送ります。ダストは通常 200 Satoshi以下です。

·       そして特定のユーザーや企業全体のアドレスを互いにさらに関連づけるために、攻撃者はダスティング攻撃の被害にあったユーザーのウォレットの資金の動きを追跡し始めます。

·       その後、攻撃者はこの情報を仮想通貨の保有者に対して使えるようになります。

ダスティング攻撃に苦しむのは誰か

一般に、ダスティング攻撃の被害者は情報を持ち合わせていない仮想通貨の保有者か、逆に、仮想通貨業界で大きな影響力を持つマーケットの著名なプレイヤーです。

一般のユーザーは、ハッカーが彼らの個人情報を公開しそれによって匿名性を破ることで脅されます。大きな影響力を持つマーケットのプレーヤーの場合、多くのアドレスが特定の企業に属しているという知識は、その企業だけでなく、業界全体にも影響を及ぼす可能性があります。この情報はマーケットでの投機、誤った予想、インサイダー取引、フィッシング攻撃、そしてゆすりにさえ使われかねません。

Changellyを使ってどのようにダスティング攻撃を防ぐ方法

アドレスを仮想通貨の保管に使うだけでしたら心配はありません。資金を一つの場所に保管して、信用できない仮想通貨取引所に送らなければ、何も追跡されません。それでも、ウォレットからダストを一掃する信用の置ける方法があります。Changellyのサービスで攻撃を受けたアドレスのすべての仮想通貨を他の仮想通貨に交換するだけです。これによって、ダストのない新しい仮想通貨を受け取り、再度交換して攻撃を受けていない新しいアドレスに送り、もとの通貨に戻すことができます。Changellyの手数料はすべての仮想通貨交換に対して0.25%なので、交換の手続きにはあまりお金がかかりません。

大事なこと

日々機密保持の価値が高まっています。何か隠したいことのある人だけでなく、私たちすべてについて言えることです。仮想通貨トレーダーや投資家にとってさらに価値があります。疑わしい資金をランダムなユーザーから受け取ったら気をつけてください。損失を出さないために仮想通貨は安全な場所に保管しましょう。それでは、仮想通貨交換を楽しんでください!