仮想通貨の未来は?

仮想通貨の未来

2020年仮想通貨の未来は? これはさまざまな答えを伴う難しい質問です。 今年、デジタルマネーへの投資家の注目は、国家仮想通貨、仮想通貨デリバティブ市場の発展とマイニングに焦点が当てられます。 この記事では、2020年の仮想通貨すべてのトレンドについて説明します。

ビットコインは未来のお金ですか?

仮想通貨の未来

今年の重要なトレンドは、2020年の仮想通貨市場に影響を与えるでしょう。たとえば、主にビットコインに基づいた仮想通貨デリバティブ市場の急速な発展です。

米国における規制された取引所の出現は、機関投資家を引き付けるため、コミュニティでは好意的に受け取られています。一方で、デリバティブは上昇市場に完全に貢献するわけではありません。バックト(Bakkt)の供給契約は投機的ではないとは言え、ビットコイン先物取引が盛んだったころ、原資産が大幅に減少していく時期がありました。

米商品先物取引委員会の委員長であったクリストファー・ジャンカルロの最近の声明を思い出されるでしょう。2017年末に、米国当局はシカゴマーカンタイル取引所(CME)およびシカゴオプション取引所(CBOE)でビットコイン先物取引の規制を意図的に開始したため、ショートポジションの圧力の下に仮想通貨市場のバブルが崩壊したと彼は確信しています。

もう1つ予想されることは、2020年5月に生じるビットコインの半減です。多くの人がこれを価格上昇の要因として考えています。

ビットコイン(BTC)の価格予測と半減の詳細については、この記事をご覧ください。

投資すべき将来の仮想通貨

2020年を通して、アルトコイン危機の存続が見込まれます。 現在、この市場には数千種類のコインがあります。 ただし、大多数は流動性が低く、価値がなく、需要がありません。 ほとんどの場合、それらは徐々に消えるでしょう。

リップル社は、20以上の企業で国際送金を行うために リップル(XRP)コインが使用されていると確信しています。 リップル(XRP)がトランザクション中に通貨同士の仲介をするためのユーティリティトークンとして開発されたのならば、その価格は実際には重要ではありません。 したがって、それは投資資産ではありません。 需要はまだそれほど高くありません。 リップルは顧客にさらに多くのコインを販売しています。

イーサリアムは、分散型アプリケーションが左右されるメインのブロックチェーンプラットフォームの将来に関わる大きな変化を遂げています。 アップデートは非常に大きいため、非公式でイーサリアム2.0(Ethereum 2.0)と呼ばれています。 ネットワークのスケーラビリティが大幅に向上するでしょう。 計画では、プルーフ・オブ・ステーク(Proof-of-Stake)メカニズムに切り替えて、シャーディングを導入しています。 更新は一年中続き、イーサ(Ether)の価格変動に影響を与えます。

もう一つの重要な要因は、イーサリアム2.0が分散型アプリケーション市場にどのような影響を及ぼすかです。 願わくば、それは前向きになるでしょう。 昨年は、ブロックチェーンが賭け事や取引だけでなく、ビデオゲームにも適していることがわかりました。

テザー(Tether)、バイナンスコイン(Binance Coin)、およびその他の取引所ネイティブトークンについては、価格はトレーダーの活動によってのみ決定されます。 取引所トークンは、最も人気のあるコインの1つです。 2017年以降の誇大広告の後退はスポット市場に影響を与えることなく 拡大し続けています。 取引所はより規制され、安全になり、さまざまなサービスで大きくなりすぎています。 彼らの仕事の中で透明性のシステムが徐々に形成されています。

仮想通貨の未来にあるもの

仮想通貨は価格の観点だけでなく発展しています。 たとえば、国の通貨とデリバティブは仮想通貨市場の新たな展望を開きます。

中央銀行デジタル通貨(CBDC)

仮想通貨の未来

昨今最も期待される通貨はデジタル人民元です。 これは、金融システムを変える重要なステップです。 中国当局は、多くの現代技術を市民の日常生活に積極的に導入しているため、少なくとも国内では、デジタル人民元が中国共産党の計画に従って急速に広がることが予想されます。

他の国にとっては2020年が独自のデジタル通貨のリリース年になるはずです。 そのほとんどはデジタル人民元のあとに出現するでしょう。

国家の議題に中央銀行デジタル通貨(CBDC)が登場したのは、主に仮想通貨、特にステーブルコインの可能性を認識したためです。 国際通貨基金や国際決済銀行(BIS)などの組織は、中央銀行が独自の仮想通貨の開発を始めるべきだと繰り返し述べています。

将来的には一つの世界規模のデジタル通貨が期待できます。 2019年10月、国際決済銀行は、グローバル仮想通貨のアイデアを議論するために、初のG20中央銀行サミットを開催しました。 スイスでは国際決済銀行が国の中央銀行とともに、世界の中央銀行間での単一決済トークンを開発するためのセンターを既に設置しています。

上記のすべては、デジタル通貨への移行が人類の発展における次の段階の要素の1つであることを物語っています。 その出現は時間の問題です。

マイニングの未来

マイニング市場はより成熟しています。 2017年のように価格が急激に上昇し始めなければ、仮想通貨マイニングによる過剰な利益は期待しません。同時に、マイニングは機関投資家を魅了し続けています。

昨今、市場ではマイニング機器が飽和しています。 メーカーは柔軟かつ迅速に売上を増やす方法を習得しています。 これらはネットワークの成長を推進し、かなり安定した中程度のマイニングの収益性を維持します。

機関投資家はこの業界の発展においてさらなる役割を果たします。 投資の成功を決定する要因は、電気料です。 0.03 kWh未満のエネルギーを使用する容量は、収益性が高いだけでなく、市場のほぼすべての状況で稼働し続けます。

2020年には、中国のマイニングのシェアが徐々に減少すると予想されます。 今後成長する主な地域は、米国とカナダになります。 北米は先進的な法律と十分に確立された投資保護メカニズムを備えた地域として、特に慎重な投資家の関心を集めています。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です