Android用仮想通貨ウォレットベスト5

おすすめAndroid用仮想通貨ウォレット

携帯電話で仮想通貨を安全に管理したいですか? この記事では、仮想通貨のAndroid用モバイルウォレットについて説明します。 モバイルウォレットにはシードキーとPINコードがあり、それなしではあなたのウォレットで1円すら誰も使うことはできません。 したがって、モバイルウォレットを使用すると取引所の口座やオンラインウォレットにお金を保管するよりもはるかに安全です。

2020年、 Androidでの使用に最適な仮想通貨アプリをみていきましょう。

Android用仮想通貨モバイルウォレットのトップ5

第1位 エクソダス(Exodus

おすすめAndroid用仮想通貨ウォレット

エクソダス(Exodus)は、アプリケーションで直接交換できる多くのトークンをサポートするマルチカレンシーウォレットです。 似たようなソリューションとは異なり、このウォレットのインターフェースは非常にシンプルで簡単です。 仮想通貨分野の初心者でも使用できます。

エクソダスウォレットは、多くの複雑なウォレットを使用したり、それぞれのプライベートキーやシードフレーズの膨大なデータベースを保存したりすることなく、1つのツールで所有する仮想通貨のほとんどを管理できる機能がユーザーを引き付けます。

エクソダスは、ビットコイン(BTC)、ライトコイン(LTC)、イーサリアム(ETH)、ダッシュ(Dash)、イオス(EOS)、ビットコインキャッシュ(BCH)、イーサリアムクラシック(ETC)、ジーキャッシュ(ZEC)や、デクレッド (DCR)、オーガー (REP)、バンコール(BNT)、ゼロエックス(ZRX)、オミセゴー (OMG)などのような人気のERC-20トークンを含む95を超える仮想通貨をサポートします。仮想通貨コミュニティで最も有名なマルチカレンシーウォレットの1つです。

第2位 ジャックス(Jaxx

おすすめAndroid用仮想通貨ウォレット

ジャックスは、仮想通貨を保管するためのクロスプラットフォームのマルチカレンシーウォレットです。 ジャックスプラットフォームは、2014年にトロント(カナダ)にあるDecentral社によって開発されました。 創設者のアンソニー・ディ・イオリオは、イーサリアムブロックチェーンの共同設立者としても知られています。

製品の最初のパブリックプレゼンテーションは2016年2月に行われました。2年後の2018年3月に、開発者はジャックスウォレットが120万回以上ダウンロードされたことを発表しました。 2018年9月、より簡単な操作へと完全なる変化を遂げたインターフェースを備える新しいバージョン、Jaxx Liberty(ジャックスリバティ)が発売されました。

これは仮想通貨業界の初心者や仮想通貨市場の経験豊富なユーザーの両方にとって素晴らしい選択肢です。 実際、これはビットコイン(BTC)およびイーサリアム(ETH)にとって最適な保管場所の1つです。 ユーザーはウォレット自体やそのメンテナンスに料金を支払う必要がありません。

第3位 コイノミ(Coinomi

おすすめAndroid用仮想通貨ウォレット

コイノミウォレットは、ERC20規格を含む125の暗号通貨と382のトークンに対応しています。 このウォレットには、次のような多くの利点があります。

  • 優れた変換速度。 2つの交換サービスの同時作業により、交換工程の実行が高速化されます。 ラッシュ時の最大遅延が数分を超えることはほとんどありません。
  • 送金または交換のリクエストを送信したときにコイノミのシステムによって計算される動的な手数料。 システム手数料を個別に変更し、処理時間を操作することができます。

コイノミモバイルウォレットを使用するには、デバイスにアプリケーションをインストールして起動し、いくつかの設定を行う必要があります。

第4位 エッジ(Edge

おすすめAndroid用仮想通貨ウォレット

エッジは、AndroidおよびiOSデバイス用のモバイルウォレットとして、かつてのエアービッツ(Airbitz)のチームによって作成され、2018年2月にリリースされました。

2014年以来、エアービッツ開発チームは最適なセキュリティソリューションに取り組んでいます。 ビットコインウォレットと取引データベースから始めて、ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、ダッシュ(Dash)、ライトコイン(LTC)を含むいくつかの通貨をサポートするウォレットを開発して成長を遂げました。 2017年10月、エアービッツはエッジの名前に変更されました。

エッジのチームは、彼らのウォレットでのユーザーエクスペリエンスに多大な注意を払っています。 新しいアカウントを作成してウォレットの使用を開始するプロセスには、わずか1分しかかかりません。 ユーザー名、パスワード、連絡先のみ必要です。 紛失したデバイスからの回復も同様に簡単です。 新しいデバイスにエッジウォレットをインストールし、ユーザー名とパスワードを入力するだけです。 古いデバイスと同じ方法でウォレットを復元します。

第5位 ブレッド(BRD

おすすめAndroid用仮想通貨ウォレット

ブレッドウォレットは、iOSまたはAndroidに無料でインストールできます。 設定はとても簡単です。 インストール中に個人情報を登録または送信する必要はありません。

アプリケーションをダウンロードした後、既存のビットコインウォレットをインポートするか、新しいウォレットを作ることができます。 キーはあなたのデバイスからのみ利用できるため、ブレッドがハッキングされることを心配する必要がありません。 シンプルなユーザーインターフェイスには、ビットコインを送受信するためのオプションがあります。 特定の地域では、ブレッドアプリケーションからビットコインを直接購入することができます。

ネットワーク手数料の支払いには「通常(normal)」または「経済的(economical)」オプションを選択できます。 通常(normal)の手数料の場合、トランザクションは1時間以内に確認する必要がありますが、経済的(economical)な手数料では、ビットコインネットワークのトラフィックレベルに応じて、24時間以内にトランザクションが確認されます。

結論

上記ウォレットの長所と短所をまとめてみましょう。


長所短所
エクソダス(Exodus)多様なコインに対応
総合的な交換

ジャックス(Jaxx)シンプルなインターフェース
多数の仮想通貨に対応
ツーファクタ認証がない
コイノミ(Coinomi)高度な保護
秘密鍵とコインをデバイスで保管
携帯電話を紛失しても復元が容易
ソースコードが非公開
エッジ(Edge)シンプルなインターフェース
オープンソースコード
ツーファクタ認証

ブレッド(BRD)トランザクションごとの新しいアドレス
Touch-IDでアクセス可能
個人情報不要
マルチシグネチャの非対応
ツーファクタ認証がない

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です